神社巡りでの大発見:本章

次に着手したのが、チャクラが開きっぱなしになってしまう原因を追究することでした
これには、過去に何らかの出来事があったのだろうと考えました
そして、気導術が得意としている退行ストレス遮断をすることにしました
これは現在の年齢からどんどん退行していき、その時々の出来事を思い出してもらい、後頭部に出る反応を感じながら、どんどん抜いていくものです
これを、チャクラが開きっぱなしになってる4人にやってみたところ、全員が過去に大きな出来事があったことが分かりました
言い換えると、過去に大きな出来事があると、チャクラが開きっぱなしになってしまうことが分かったのです
ここまでを整理してみると
過去に大きな出来事があると→→チャクラが開きっぱなしになる→→必要なエネルギーだけでなく不必要で悪いエネルギーも取り込んでしまう→→気分が悪くなったり呼吸困難になったりの体調不良が生じる
ことが分かりました
ですから、一時的な症状解消であればいいのですが、チャクラが開きっぱなしのままの状態を放置すると、直ぐにまた症状が戻ってしまうことが予想されるため、常にチャクラは正常にしておく必要がある、ことが分かります
実は、ここまでの過程でも不思議なことがあったのです
それは、退行ストレス遮断で出た過去の大きな出来事のあった年齢を患者さんに伝えても、そのことを覚えてなく、反応があまりなかったことです
大きな出来事だから必ず覚えているだろうと思っていたのですが、違いました
「その年齢?思い出せない」「その年齢だといいことはあったけどマイナスはなかった」「もっと別な年齢だとありそうだけど」とかでした
もう一つは、思い出してもらう過程で患者さんが眠ってしまっていて、思い出すことができてないはずなのに、後頭部にはしっかりとした反応が出たことです
ということは、患者さんが思っていても思わなくても、患者さんの脳(無意識さん)は過去の大きな出来事が分かっていて、反応してくれている
つまり無意識さんは、患者さんの過去の出来事が全てわかっているのではないか?と思うようになったのです
実際に患者さんには何にも思ってもらわないで、退行ストレス遮断をやってみると、思ったときと同じように、後頭部に反応がでることが分かったのです
このことは大発見の始まりになりました
ここまでで分かったことは
1つ目は、チャクラが開きっぱなしになってる人は、必ず過去に何か悪い出来事があったこと、そして今ではそのことを忘れてしまっているけど、無意識さんは忘れていないこと
つまり、無意識さんは、人の出来事全てを知っている、ことでした
2つ目は、無意識さんが知っている全てのことに対して問いかけると、後頭部への反応を返してくれて、ちゃんと答えてくれてることです。コミュニケーションがとれることでした
そして、この時大発見が予兆されていたのです
つまり、過去の出来事を覚えてるということは、現在の情報も覚えてるはず
ということは、現在の身体情報全てを知っている
今の、心とからだの情報全てを知っている
過去の悪い出来事だけでなく、内臓の働きや筋肉の働きなども知っている
さらに、これからの未来のことも知っている可能性がある、と発展していきました
早速、無意識さんに試したところ、面白いように、想像以上の結果が得られました
その内容は、内臓やストレス情報だけでなく、人体の全てにわたりました
さらに、過去から現在までだけでなく、未来にわたるものまで、全てでした
この病気は、将来治るものなのか?や、いつ頃治るのか?などにも答えてくれるのです
結論
神社巡りから発生した数々の疑問を解決していく過程で、今結論を迎えようとしています
まず、チャクラは開いたり閉じたりが自動的に起こることが正常なので、決して開きっぱなしの状態で放置しないこと
もし、何らかの原因でチャクラが開きっぱなしになってしまった場合は、気導術が提供するパワーシートや気導力を使って正常な状態にしておくこと
これが1つ目の発見、チャクラを正常にする治療=「チャクラ正常化法」です
次に、無意識さんは過去現在未来の健康情報を全て知っていて、無意識さんと会話をすると後頭部への反応で正確に答えを教えてくれる。しかもその範囲は、痛みや違和感だけでなく原因不明の難病などの原因(どこが悪いか?)や治療方針(どこを治したら良いか?)や具体的な治療(これは気導術が得意とすることですが)にまで及んでます。さらに、治療期間(この治療を進めるといつ頃治るか?)なども教えてくれること、も分かりました
これが2つ目の発見、無意識さんと会話しながら進める治療=「無意識さん会話法」です
パオでは、年内にこの結論を検証し
来年から「チャクラ正常化法」と「無意識さん会話法」を適用していく予定です
そこで、参考のため、まだ短期間ですが、いくつかの臨床を紹介しておこうと思います
臨床1(50代男性)
< 主 訴 >目が見えにくい:ほとんど目が見えてないに近い。足が動かない
    右目:黑い1点が入って見えにくい
    左目:光が入って見えにくい
<原因と治療>無意識さんに聞きながら進める
    右目の原因は?:肝・肺・視神経・ストレスで反応:筋肉では反応なし
    →肝への直注とサボ活・肺への直注とサボ活・視神経サボ活
    →黒い1点が薄くなってきた→さらに続けるとほとんど消えた:残りはストレスか?
    左目の原因は?:ストレスで反応:内臓や筋肉では反応なし
    →ストレス(15才と20才)を抜く→光が入ってこなくなり普通に見えるようになった
    →この時、同時に右目の黒い1点も完全に消えた
    →最後に、チャクラを正常にすると
     足も正常に動くようになり、周りが明るく見えてきた
臨床2(60代女性)
< 主 訴 >最近の症状:鼠径ヘルニア(右)と長年の症状:子宮脱
<原因と治療>無意識さんに聞きながら進める
    鼠径ヘルニアの原因は?:膵臓の内臓下垂で反応(胃腸腎では反応なし)
                左腹部~左足で反応・ストレスで反応
    膵臓    の原因は?:外部から体内に侵入したものに反応
                日常生活を確認すると毎日毎日飲んでるワインに反応
    子宮脱   の原因は?:胃腸腎の内臓下垂で反応・ストレスで反応
    ストレス  の原因は?:50才で反応:夫が大腸がんで死亡の時期と重なる
    このことより→まずストレスが原因で胃腸腎の内臓下垂が生じ→子宮脱となる
          →その後ワインの常飲から膵臓機能の低下→膵臓の内臓下垂が生じ
          →さらに左腹部~左足の筋肉低下が起こり
          →鼠径ヘルニア(右突出)となった
    のではないかと推測した
    治療は、ストレス・胃腸腎の内臓下垂・膵臓活性・左腹部~足の筋肉強化を行った
    →結果、鼠径ヘルニア解消まではいかないが、突出割合が半分以下になった
臨床3(70代女性)
< 主 訴 >重症筋無力症の抗体値が下がらない・左手が動かない・左足が動かない
<原因と治療>無意識さんに聞きながら進める
    重症筋無力症の原因は?:ストレスで反応:内臓や筋肉では反応なし
    抗体値が上がった原因は?:肝・腎・胸から下腹部までの手術痕
    胸から下腹部までの手術は重症筋無力症治療のために行っていた
    →ストレスは13才~14才で反応:祖母からのネグレクトがあった
    →治療は、ストレス・肝腎活性・手術痕からエネ注、を行った
    →結果は、左手の動き30%改善、左足の動き70%改善
臨床4(40代女性)
< 主 訴 >長年の全身のむくみ
<原因と治療>無意識さんに聞きながら進める
    むくみの原因は?左腎とストレスで反応
    →ストレスは8才と胎児6か月で反応
    →8才の頃、左横から自転車にぶつけられ転倒。でも傷もなく出血もなかったので
     特に治療はしていないが、その後吐き気などがしばらく続いていた
     考えてみれば、その頃からむくみが始まってたかも
    →治療は、ストレス・左腎へのサボ活
    →結果は、全身にあったむくみ感が軽減し、スッキリ感がでた

神社巡りでの大発見:序章

年1回の神社巡り
今年は叶神社に行ってきました
そして、パオにとっては大事件というより大発見がありました
まず西叶神社にお参りし
 IMG_2975
その後、渡し船で対岸へ
 IMG_2979
そして東叶神社へお参りしてきました
 IMG_2982
大発見のきっかけは
次のような、2つの神社でのちょっとした事件でした
↓<西叶神社>2人が気分悪くなった。でも神社を出ると回復する
↓<東叶神社>さっきとは別の2人が気分悪くなった。でも神社を出ると回復する
↓私は2つの神社とも気分は悪くならなった
事件とは、これだけのことです
いつもだったら、4人とも回復したんだし、まあいいかで終わるところですが
今回は、なぜか疑問が残ってしまったのです
・なぜ自分は、気分が悪くならなかったのか?
・なぜ4人が、同じ神社でなく別々の神社で気分が悪くなるのか?
・なぜ4人が、神社を出ると回復するのか?
この疑問を解決するために、試行錯誤してみました
まず分かったことは
神社に行かなくても、その時の状況を思い浮かべるだけでも気分が悪くなることでした
それには、気導術で提供しているパワーシートを使うことで解決しました。
まず、パワーシートを気分が悪くなった胸に置いても、変化はなかったのですが、
パワーシートを後頭部に置くと、回復したのです
このことから
気分が悪くなった原因は、胸部(呼吸器系?)ではなく後頭部(自律神経系?)
にエネルギー不足が起こっていたことが分かったのです
では、なぜ後頭部にエネルギー不足が起こったのか?
さらに調べていくと
チャクラが開きっぱなしになっていると、そういう現象が起こる
という情報が手に入りました(千葉の治療家から)
つまり、チャクラが何らかの条件によって、開きっぱなしになっていると
エネルギー不足が起こり、気分が悪くなるなどの症状が起こることが分かったのです
チャクラは、天界からのエネルギーを受け取る大切な場所で
正常な動作をしていれば、自然に開いたり閉じたりしてることも、分かりました
仮に、4人全員のチャクラが開きっぱなしで、私のチャクラが正常な動作
をしていたとすると、神社での事件に対する疑問は全て解決することになります
そのためには、チャクラを正常にしたり開きっぱなしにしたりして
検査することが必要になります
このときも、気導術で提供している気導力というエネルギーを使うだけで
いとも簡単に解決しました
まず、チャクラを正常な動作に戻してみると気分は回復し、
逆に、チャクラを開きっぱなしにすると、気分が悪くなることが実証されたのです
これで、疑問は全て解決されました
4人とも、気分が悪くなった神社を思い出しても、気分が悪くなることはありません
それだけでなく、その内の1人は
今まで原因がわからず、しょうがないのかなと思ってそのままにしていた
長年の違和感がすっかり取れていて、自分でもびっくりしていたようです
このチャクラ開閉問題は
神社巡りだけの問題ではなく、治療でも問題になる可能性があるので、その場合は
チャクラ開閉を正常にする治療、をすることで様子を見ていこうと思ってます
ここまでが、大発見の序章です

副鼻腔ガン(ステージ4Aで径5cm)がたった3週間の治療で消えた

臨床16:副鼻腔ガンが消えた(72才女性)
5/14:激しい頭痛のため救急へ、そのまま市民病院へ入院。
    すぐにがんがみつかり、手術(5/31)となった
5/31:病名を告げられないまま、ただ「悪性です」とだけ告げられた。
    「治療しなければ、余命は半年で持って1年か」
    「100万人に1人の病気」「厄介な場所にある」「わからない」
    「このままだと寝たきり老人になる」「事例もないので治療も完璧ではない」
    「治らない」と言われ、市民病院だとこれ以上の治療できないので、転院を勧められた
    この時病院は、はじめはがんセンターに連絡したが断られたため
    大学病院に転院となった
6/6 :転院後、病名は副鼻腔ガンのステージ4Aであり径5cmと告げられた
    病院では、3週間1クールの治療を、2クール実施した(6/19-8/6)
    途中で、何度も検査があったが、変化なしだった
8/8 :これ以上の治療はできないと言われ、療養のため、再度、市民病院に戻った
    ソーシャルワーカーとの面会もあり、ホスピスを紹介されたりもした
8/23:確認のため、再度MRI検査をしたが、結果は変化なしで5cmのガンのままだった
    医者からは、余命は答えてないが、「悪くなっていくだけ」と言われた
    「もう治ることはないから」「良くなることはないから」
    「この先、やりたいことがあれば、何でもやってください」
    「身の周りの整理をして下さい」「温泉に行くなら今ですから」と告げられたり
8/25:退院:この時、からだの倦怠感と肩首頭の痛み重み、がいつもあった
    医者からは、マッサージを受けても良いとのことだったので
    ネットで調べ、保険が効いて訪問してくれる、整体師に来てもらった
    でも、もみ返しがひどく、これは断った
    その後、土地の守り神:天照大神・心配してくれた友人からもらった:お守り・
    何か不思議な力を持ってる:蝦名さん・そして長女から同時に
    「パオに行きなさい」の声が聞こえた。不思議な現象だった
***9/17から9/27まで:パオで7回施術した***
9/27:再度、PET検査実施
10/2:PET検査結果。がんが90%消えてた
    医者からは
    「ガンが小さくなったので手術すれば除去できそう。次回相談しましょう」と言われた
***9/27から10/9まで:パオでさらに6回施術した***
10/9:再度、MRI検査。がんが100%消えてた
    この日は、医者から、残ったがんを手術するかどうかを判断し宣告される日だった
    医者「今日は、大事な話があります」と・・・いよいよ宣告されるのかと思った
    医者「がんは陰性になりました」「ですから手術はしません」と
    さらに「当分の間は毎週、鼻の洗浄をやります」
    ・・・ここで、がんが消えたんだと理解できました

アメリカ・ロス在住の女性との遠隔治療の実際:メールでのやり取りの詳細

遠  隔  治  療  の  実  際  :  時  間  指  定  の  場  合
野口真弓さん(アメリカ・ロス在住)とのメールの詳細
①野口:遠隔治療依頼
徳丸先生
こんにちわ。
遠隔治療をお願いしてもよろしいでしょうか。一度お電話で治療していただいた、ロスの野口です。
もし書き方が悪い場合ご指導ください。
1.一般的にストレス
2.夜寝てるときに、外のプールが水を回していて、それがストレス。
3.扇風機の音、風もストレス
4.足首が固くてまわりずらく、押すと痛いーヤンキー座りがしたいのにできない
5.ももとひさの裏、ふくろはぎの筋肉が硬くて、ずっとストレッチしているが柔らかくならない。お尻の横がわの筋肉も硬い。
6.右肩、腕が後ろにちゃんと回らなく、左手が頭から、右腕が下からの時手が結べない
7.人に物事が伝わらい。こちらは説明しているつもりなのに、理解してもらえない
8.やっていることが人に伝わらなく、仕事を評価してもらえない
9.上司、部下になんか避けられている。。
7,8,9は最近とても感じるんですが、なんか八本ふさがりというか、いなくても、いない方がいいのではないか、というか、”なんでわからないの、馬鹿じゃない””、と”思う心もあるし
どんな感情かもよくわからないです。。
10.背骨の胸の後ろの4,5番のあたりとその周りの筋肉が前にのめっていて(脇の横あたりまで)、硬くて、まっすぐ姿勢を保つのが自然にできない。
わけわかるでしょうか。。このりすととからの治療が可能でしょうか。。。お電話もできますので、おっしゃってください。まだメールよりはうまく説明できるかも!?!
どうぞよろしくお願いします。
野口真弓
②パオ:ストレス系治療の指示
野口さんメールありがとうございます
内容は大体分かりました
1~3、7~9はストレス系の治療。4~6、10は筋肉系の治療になります。
そこで先ずストレス系治療を日本時間10日朝8時~時間指定方式でやりたいと思います。その8時になったら「過去にあった辛い亊悲しい亊嫌な亊」などのストレス感情をできるだけ思い出して続けて下さい。20分で終了しますので、終了後に再度思い出してみて下さい。
思い出しにくくなってるか軽くなってれば成功です。
もしまだ残ってれば翌日8時からまたやりますので、メール下さい。
今週は山形まで出張治療に来てるので、この方式でお願いします。
筋肉系はストレス系治療終了後にまた別途指示します
③野口:準備
先生
わかっていただけてありがたいです。ありがとうございます
ストレス系と筋肉系なんですね。明日のストレス系の治療、よろしくお願いします。なるべくストレスの感情を感じるようにアラームもセットしました。努めてみます。
山形への出張、お気をつけて。
野口
➃パオ:遠隔治療実施
⑤野口:ストレス系治療結果の報告
先生
ありがとうございました。
七分後くらいにふっとストレスが取れるのを感じました。四方塞がっている感じ、蟻が腕にいる感じ、あー、と叫んでる感じなど、色々な形でストレスを感じれるようやってみました。今は塞がっていたガラスの壁がイメージに出てきません。あと、そのあと上司にあったのですが、ニコニコとさよなら、と言ってきました。
ありがとうございます!
野口
⑥パオ:報告のお礼と次のステップへ
報告ありがとうございます
それでは次のステップに移りましょう
日本時間12日朝8時~
筋肉治療スタート
11日は忙しいので翌日にしました
手順はまたメールします
⑦パオ:筋肉系治療の指示
日本時間12日朝8時~
筋肉系治療手順です
①8時になったら5分間で、全ての関節を出来るだけ大きく動かして下さい:首肩肘手首手指背骨腰股関節膝足首足指…
②少し休みます
③今度は痛みや違和感がある部分だけ大きく動かして下さい
②③を繰り返して下さい
20分経ったら、再度痛みや違和感を確認して下さい
痛みや違和感が無くなるか軽減してれば成功です
まだまだ残ってる場合は
再度別の日にやりましょう
⑧野口:準備
徳丸先生
了解しました。なるほど、という手順ですね。
どうぞよろしくお願いします。
真弓
⑨パオ:遠隔治療実施
⑩野口:筋肉系治療結果の報告
先生、
すごく気持ちよかったです。
で、今36分に、すーーっとあの気持ちのよいすっきり感が来ました。あ!! まるで、ハイ。
頭の中が山の中の美しい空気が入っている感じです。なんか真空管?! 面白い!
58分ぐらいから、先生が気をかけてくださっているのかな。。とかんじて、
00から体を動かしました。5分間体を動かすのはなかなか大変。。
7分ぐらいになんか気が足された感じがして、ストレッチをするとき、私は
空気を送ってそこをリラックスしようとするので、なんかそうしていたのですが、
いつもの気より、たっぷり力のある気がストレッチを助けてくれているような感じで、
首とか今とても楽です。胸の後ろの硬さはおとといストレスを取っていただいたあとに
少し柔らかくなった気がしていたのですが、さらに柔らかくなって、座る姿勢がまっすぐ近づいて
きました。階段を上るとひざが少しいたかったのですが、それがどうなったかまた報告しますね。
今はとても気持ちいいです。ありがとうござました!
素敵な日をお過ごしください。
真弓
⑪パオ:報告のお礼と精算
素敵な報告ありがとうございました
すごく参考になります
前回と今回の治療でチケット2回分頂きます
またいつでもどうぞ
⑫野口:お礼
はい。ありがとうございました。
またお願いいたします