神社巡りでの大発見

年1回の神社巡り
今年は叶神社に行ってきました
そして、パオにとっては大事件というより大発見がありました
まず西叶神社にお参りし
 IMG_2975
その後、渡し船で対岸へ
 IMG_2979
そして東叶神社へお参りしてきました
 IMG_2982
大発見のきっかけは
次のような、2つの神社でのちょっとした事件でした
↓<西叶神社>2人が気分悪くなった。でも神社を出ると回復する。
↓<東叶神社>さっきとは別の2人が気分悪くなった。でも神社を出ると回復する。
↓私は2つの神社とも気分は悪くならなった。
事件とは、これだけのことです
いつもだったら、4人とも回復したんだし、まあいいかで終わるところですが
今回は、なぜか疑問が残ってしまったのです
・なぜ自分は、気分が悪くならなかったのか?
・なぜ4人が、同じ神社でなく別々の神社で気分が悪くなるのか?
・なぜ4人が、神社を出ると回復するのか?
この疑問を解決するために、試行錯誤してみました
まず分かったことは
神社に行かなくても、その時の状況を思い浮かべるだけでも気分が悪くなることでした
それには、気導術で提供しているパワーシートを使うことで解決しました。
まずパワーシートを気分が悪くなった胸に置いたところ、変化なしでした。
次にパワーシートを後頭部に置くと、回復しました。
このことから、胸部(呼吸器系?)ではなく後頭部(自律神経?)にエネルギー不足
が起こってたことが分かったのです。
では、なぜ後頭部にエネルギー不足が起こったのか?
さらに調べていくと
・チャクラが開きっぱなしになっていると、そういう現象が起こる
という情報が手に入りました(千葉の治療家から)
つまり、チャクラが何らかの条件によって、開きっぱなしになっていると
エネルギー不足が起こることが分かったのです。
チャクラは、天界からのエネルギーを受け取る大切な場所で
必要に応じて、自然に開いたり閉じたりしてることも、分かりました。
ここまでで、なぜチャクラの開閉が人によって違うのか?の疑問は残りますが
上記した疑問は、ほぼ解決しました
次に課題になることは、チャクラ開閉を正常にする方法でした。
これには、気導術で提供している気導力というエネルギーを使うだけで
いとも簡単に解決しました
チャクラと気導術で提供している気導穴との関連は不明ですが
現在、前述した4人に試していますが
4人とも、気分が悪くなった神社を思い出しても、大丈夫な状況が続いてます
それだけでなく、その内の1人は
今まで原因がわからず、しょうがないのかなと思ってそのままにしていた違和感が
すっかり取れていて、自分でもびっくりしていたようです
このチャクラ開閉問題は
神社巡りだけの問題ではなく、施術上でも問題になる可能性があるので
その場合は、チャクラ開閉を正常にする施術で、様子を見ていこうと思ってます

コメントを残す